セロリのレモン漬けを紹介します。

 

セロリの独特の香り主成分アピインには、食欲増進や、精神を安定させ不眠やイライラにも効果があると言われています。

葉の部分にはカロテンがたっぷりなので捨てずに、天ぷらや佃煮などにして食べましょう。

葉は香りが強く食べるのが苦手という方は、干してから お風呂に入れると、セロリの精油成分により、冷え性改善や保湿効果があると言われています。

 

ぜひ作ってみてくださいね。

《材料》4人分

・セロリ 2本

・レモン 1/2個

・★赤酒 100cc

・★水 125cc

・★醤油 75cc

・★てんさい糖 25g (大さじ3)

・★レモン汁 75cc

・お好みでピンクペッパー 適量

《作り方》

① セロリは葉を落とし、よく洗い、皮をむかずに3~4mm幅で斜めにスライスする。

 

② レモンは皮を削ぎ、いちょうに切る。

 

③ ①②を保存容器に入れる。

 

④ ★をよく混ぜ③に入れ、冷蔵庫で3時間以上漬ければ出来上がり。

赤酒がない場合は、酒とみりん50ccずつを一度煮切り、冷ましてから他の調味料と混ぜてください。

 

今回使用した赤酒とは、熊本の地酒で赤くて甘い発酵酒で、灰汁を加えて酸化を防ぎ火入れ殺菌をしないのが特徴です。

肉や魚を煮ても固くならず、旨味が増し、冷めても照り、ツヤが落ちません。

 

和食の世界では料理酒として赤酒が使われています。

 

甘酸っぱくて~シャキシャキで~

おいてぃーーー!

 

では、また(*^^*)



スポンサーリンク