こんにちは(^_^)

 

ヴィーガン料理家のみっちゃんです。

 

今日は『塩』についてお話しします。

 

塩は料理には欠かせませんが色々な種類があることをご存知ですか?

海水塩

岩塩

天日塩

精製塩

などがあります。

 

みっちゃんのオススメは海水塩です。

 

海水塩とは、海水を煮詰めたり蒸発させたものです。

 

 

ちなみに他の塩の説明をさせていただきますと、

 

岩塩は、かつて海だったところが干し上がって堆積し、塩の地層になったものを採取したもの。

 

天日塩は、海水を塩田な導き太陽と風の力で蒸発させて塩の結晶をとったもの。

 

精製塩は、電気分解によって作らてた純度99%を超える化学物質。摂取しないほうが良いお塩です。

 

 

よく家庭や飲食店で使われている塩は精製塩だと思われます。スーパーに並ぶ塩のほとんどが精製塩だからです。

 

塩と呼ばれながら成分のほとんどが化学物質。ミネラルが完全に排除されたバランスの悪いものです。お料理に使用しても、ただ塩辛いだけで旨味などはありません。

 

よく言われる『減塩しなさい』といわせるのはこの精製塩のこと。成分のほとんどが塩化ナトリウムです。

 

 

 

どうしてこの精製塩化ナトリウムが塩として浸透してしまったのかというと、日本には塩の悲しい歴史があったからなのです。

 

1905年(明治38年)に日露戦争の戦費調達のため塩専売法が制定。つまり、国が塩の生産・流通・販売を独占したということです。

 

1949年(昭和24年)に、日本専売公社が設立され精製塩化ナトリウムが【塩】の名で国民に浸透。

 

1971年(昭和46年)に、イオン交換膜透析法を全面導入し、塩田が廃止されました。これにより純度99%を超える塩化ナトリウムが【食塩】として定着しました。

 

この食塩には、海水に含まれる約60種ものミネラルが全て削ぎ落とされてしまっているため、いのちの生理を狂わせるものであり、

それを摂取している国民の間では高血圧になる人がどんどん増えていきました。減塩しても治らなく事態は深刻化。

 

そして1997年(平成9年)に、やっと塩専売法が廃止され、現在のように塩の自由化となりました。

 

 

 

塩は、人間が生きていく上でとても重要なもの。海から取れた自然な塩を適量取ることはとても大切なことです。

 

赤ちゃんが十月十日育つ羊水も、古代の海水とほぼ同じミネラルバランスをもっています。

 

健康の人の平熱は36.5度〜37.1度と言われますが、現代人の平熱が35度台の人も多いのだとか。

 

ガンも低体温の方が発症しやすいと言われますね。体温が下がると免疫力も下がるからです。

 

なので身体を温めることは健康の鍵!

 

なんと海水塩を取ることは温活に効果抜群なのです!!

 

 

例えば梅干しも漬ける時は大量の塩が必要ですよね。塩が少ないと腐ってウジがわくからです。

 

人間の身体も同じです。塩が足りないと病気に勝てない体になります。(取り過ぎも良くないと思いますが・・・)

 

 

せっかくならば、高血圧を招く精製塩ではなく海のパワーを多く含むミネラル満点の海水塩を選んだ方が良いのではないでしょうか。

 

お料理の味もワンランク上がること間違いなし!

⬆︎私が使用している海の精シリーズはオススメです。

 

自然食品店に行けば必ずと言っていいほど売っています。本当に美味しいですよ〜。

 

お料理の質を上げたい方、生活習慣病予防&改善中の方、自然な調味料が好きな方にとってもおすすめです。

 

 

では、また(^_^) MAHALO!!



スポンサーリンク